<   2011年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

リーターンオフ カーボン化計画 仕上げ

3万円で買える激安ロードバイク、リターンオフRDー703の仕上げです。

ヘッドパーツ(ヘッドセット)が来ました。新品。送料込みで5000円。
ベアリングと、上下の固定を行う
スターファングルナット(写真で指でさしてるパーツ)とのセットです。
c0017469_451536.jpg




スターファングルナットは、押し込む事は出来ても、
引き抜こうとすると花びらが管に食い込み、引き抜けない
構造になってます。
中古で買ったフォークにはついていたので再利用します。
c0017469_4524726.jpg




ただ、フォークのコラム(管の部分)が長いので、カットしなくてはなりません。
本当はスターファングルナットを押し込む(圧入と言います)には
専用工具が必要なのですが、
30cm位のボルトを買ってきて、ぐりぐりとねじ込むのが
ホビーユーザーでは常識となってます。
(ググってみてください)

僕は途中で面倒になり、ボルトをねじ込んで叩きました。
(専用工具でも叩いて入れます)



コラムのカットにはパイプカッター(ホースセンターで1000円くらい)
を使用します。
これを使うと簡単に綺麗に切れます。
c0017469_4534959.jpg




切断風景。
c0017469_4545574.jpg




切れました。
c0017469_4553049.jpg




組み立てはもう慣れました。
省略です。

ただ、チェーン切り工具を壊してしまい、
近くの自転車屋に持っていって切ってつないで貰いました。
ついでにチェーンきり工具も注文。


最後にバーテープを巻いて完成!
c0017469_4561122.jpg




重量です。
8.8キロ!(サドルバッグ700グラム除く)

軽いです!!

問題はフレームを入れ替えた自転車がリターンオフと呼んでもいいのか、
疑問ですが、魂はリターンオフです。
[PR]
リターンオフカーボン化計画その2

3万円で買えるロードバイク、リターンオフRD−703を
フルカーボン化しようという計画です。

現在のロード用自転車はカーボンが主流でして、
昨年までは買うと30万しました。
今年から値下がりして20万から買えるようになりました。

とはいっても、高いのでヤフオクで壊れたカーボンバイクを買って
安く上げようという企画です。

普通、リターンオフを買って改造する人は、フレームを残して
パーツを取り替えるんですが、

僕は逆にフレームを交換します。

ハンドルが気に入っているんですよ。
すごいしっくりと来るんです。

壊れた、といっても一部にクラックが入っただけです。
これをエポキシ樹脂で接着し、さらにカーボン繊維を積層していきます。

使用したのはGM−6800というカーボン用のエポキシ。
すごい接着力です。

写真で分かりますかね?
巻き終わりの毛羽だって居るところ、
指に食い込んでいます。

c0017469_5565044.jpg



このエポキシ、半日くらいで硬化するんですが
最初は結構さらさらしてるんです。

まず、さらさらの状態でカーボンを貼ります。
一時間くらいすると、硬化が始まりねばねばしてきますので、
その状態でごってり塗ってやりました。



やすり荒がけ状態。
c0017469_5571751.jpg


さらにやすって仕上げ。
クリアー塗装。
遠目からはわかりにくくなりました。
側に寄るとカーボンを巻いたのが分かってしまいます。
c0017469_605789.jpg



中古で買ったカーボンフォーク。
7000円。
コラム(棒の部分)はアルミにしました。
約500グラム。
最近はコラムまでカーボンなんですが、
取り扱いがめんどうそうなのでアルミを。
フルカーボンだと350グラムくらいになります。
リターンオフのフォークは鉄なので、マイナス500グラム。
c0017469_558848.jpg



中古で買ったカーボンシートポスト。
3000円。
250グラム。
リターンオフのシートポストは鉄製で重いんですが、
色を塗ったら厚みがましたのか、外れなくなりました。
多分少しは軽くなっているでしょう。
c0017469_5583825.jpg




本日、ヘッドパーツ(フォークのベアリング)が来ますので、
自転車を組むことが出来ます。

リターンオフ、
計ってみると10.7キロ。(ホイールはシマノWH−R501)。

だから、たぶん9キロを割るかどうかという感じでしょうか。

でも、昨年10キロ痩せたんですが、
すでに7キロリバウンドしてます。
軽量化もあまり関係ない気がします。
[PR]
Thank you for a year this year.

Site, who have visited,
Thank you for one year.

Site, but we have operated since 2007,
The first site started out as black and white.

But times transitions,
To dominate the digital world.

I am also the main equipment
The Leica M3,
Hasselblad 500C / M (the same camera with Mr. Shinzo Maeda) to change,

Leica M8 digital,
Changes to the M9 and went to sell the M8.

Was the year I moved to a completely digital.

Camera in hand, the
Leica M9, Leica M2, Pentax 67.
※ There EOS KISS X4 for wife

There was a change in lifestyle.
I started cycling to work.

It is also the job of the mechanical system, something fun I disassembled.

Photography was a painful year activities.
Became ill and I driving is impossible.

Photo of Hokkaido as a theory,
The trip by car, take the landscape, is a generalization to say.
Mr. Yutaka Takanashi, got off to such a picture is recommended.

As myself, I have a new photo new theory,
Initiatives, and taking photos near you.

Muroran sea so close "to the Sea 2011-2012 entitled"
Has taken, we feel quite alone with the sea and how severe.

So, let's hope next year that I have in years.
(Sorry, I use google translation)


今年も一年ありがとうございました。

当サイト、訪問してくださった方、
一年間ありがとうございました。

当サイト、2007年から運営しておりますが、
最初はモノクロサイトとして出発しました。

しかし、時代は移り変わり、
デジタルが世の中を席巻します。

僕もメイン機材を
ライカM3から、
ハッセルブラッド500C/M(前田真三氏と同じカメラ)へ変わり、

デジタルのライカM8、
M8を売却してM9へと変化していきました。

僕も完全にデジタルへ移行した一年でした。

手元にあるカメラは、
ライカM9,ライカM2,ペンタックス67だけになりました。
※ヨメ用のEOS KISS X4があります

生活にも変化がありました。
自転車通勤を始めました。

チョコチョコと記載しています。
機械系の仕事なのもですから、分解なんかは楽しいですね。

写真活動は苦しい一年でした。
病気になり、車の運転が不可能になってます。

北海道での写真論として、
車で遠出し、風景を撮る、と言うのが一般論です。
高梨豊氏も、そのような写真を推奨しておりました。

僕自身として、新たな写真論を導かねばならないのですが、
取り組みとして、身近な写真を撮っています。

室蘭は海が近いので、「海へ 2011−2012」と題して
撮っていますが、なかなか海だけでは厳しいかなと感じています。

それでは、来年はいい年で有ることを祈りましょう。
[PR]
by hassel_distagon | 2011-12-28 04:44 | Others
c0017469_100941.jpg

c0017469_10134.jpg

c0017469_102156.jpg


本日も海へ。
何を撮るか、悩む日々。

I went to sea.
I worry what I take.

Leica M9 / Summicron 35mm ASPH.
[PR]
by hassel_distagon | 2011-12-25 10:05 | Leica M9
多様化するカメラ

このブログはモノクロ写真のブログとして始まりましたが、
今では完全にデジタル移行して、カラー写真のみになっています。

世の中変わりました。
写真をするには、現時点での技術を使う必要があります。

写真は、ダゲレオタイプ(銀盤に写すヤツ)が有名ですが、
1841年のカロタイプ(初のネガ)が現在の写真の底にあります。

それから、1935年にコダクロームがコダックから発売されます。
約100年間、写真の主流はモノクロでした。

アマチュア写真表現の主流はルポ的なものが多かった様です。
昔の写真コンテストは農村と漁村がテーマだった様です。

記憶では1970年代だったと思うのですが、
アメリカからカラー写真時代が押し寄せてきます。

写真表現も、モノクロからカラーにシフトしていきます。

1980年代。
日本では前田真三氏が活動を始めます。
彼は一連の美瑛の写真で「風景革命」を起こし、今でも古くならない写真群を
生み出します。

彼に触発されたのか分かりませんが、
似た写真が次々と生み出されます。

しかし、前田真三を超えたか?と問われると首をひねらざるを得ないです。

そして、現在。
カメラはデジタル化し、あっという間に広がりました。

超高性能化と、小型化です。

超高性能化。
フェーズワンなどのデジタルバッグカメラ。
ものずごい解像度です。

そして、小型化。
携帯に付き始め、スマートフォンには当たり前のように付いています。
小さなチップで、画像を得るため気軽にとれますが、
コンパクトフィルムカメラで写した方が綺麗に写りますよね。
この前、撮った写真を見させて貰ったら、
階調の豊富さに驚きました。
普通のコンパクトに普通のネガです。

コミュニケーションツールとしても使われて来ています。

「撮りたい、残したい」時代から、
「撮らなければならない」時代になったんだな、としみじみ思います。

画質を考えると、スマートフォンや携帯での撮影はかなり難があります。
コンデジでも一緒です。
どうも一生残す写真ではない気がするのです。

フィルムは確かに高いので、デジタル化は致し方ないところです。

僕が始めた頃は、週にカラーネガ5本は撮ってました。
フィルム1本700円、現像+L版1300円くらい、合計2000円。

1週で1万円、年間50万は使ってた計算になります。
僕がモノクロを始めたのは安いからでした。

経済成長期は終わり、
赤字国債が3年連続で税収をうわまわる異常事態の中、
(ギリシャなんて目じゃ無いぜ)
生活を自分で防衛しなくてはいけなくなりました。

退職は60歳で、年金は65歳ですものね。

デジカメで写してパソコンやwiiなどで
鑑賞するのは致し方ないのかもしれません。

しかし、出来れば、少しでもセンサーの大きなデジカメを使って貰いたいな、と
感じている今日この頃です。

今手元にあるのはライカM9とM2くらい。
(ライカを買ったらDP2を使わなくなったので知人に売りました)

M2も使ってないなぁ。
やはり、フィルムカメラのシャッター音は暖かくていいです。

結局、何が言いたいのかというと、
暇をもてあましていただけでした。

駄文でした。
[PR]
by hassel_distagon | 2011-12-24 05:14 | Others
来ました。
傷のもののカーボンフレーム。
c0017469_18414361.jpg



やはりカーボンは軽い。
すごい軽い。
感動です。

さて、傷はそれほどでもない気がします。
c0017469_18422441.jpg


とりあえず、紙やすり80番で塗膜をはがします。
c0017469_18425321.jpg


エポキシを混ぜ、傷口に塗ります。
c0017469_18432024.jpg


以上。
たぶんこれで大丈夫だと思いますが、
後でカーボンを巻いて積層します。
エポキシGMー6800は20ミリまでOKだそうだ。

作業時間10分程度。

硬化のため半日放置します。

カーボンクロスですが、
イメージしたのはカーボンを折り込んだ布だとおもったのですが、
来たのはカーボンの下敷きみたいなもの。
ショック。送料込みで3000円したのですが、
使い道は本のしおりへ。。。。
c0017469_18434759.jpg


さて、金額です。
カーボンフレーム 13500円+送料2200円
アルミコラムカーボンフォーク 7420円送料込み中古
カーボンシートポスト+フロントディレイラー 4670円送料込み中古 
ヘッドパーツ 4851円送料込み
エポキシ樹脂 GM-6800 カーボンクロス用 120g 3146円送料込み
カーボンテープ(注文し直し) 2397円送料込み

合計 38184円なり
(これに無駄になったカーボンは含んでません)

エポキシ樹脂。
c0017469_1844164.jpg


計量カップ付き。使ったのはほんのちょびっとです。
c0017469_18443713.jpg

[PR]
通勤号、激安自転車リターンオフカーボン化計画

北海道は冬になり、雪が積もり自転車が乗れなくなりました。

先日BSで見た、ツール・ド・フランス総合2位の
A.シュレク選手のドキュメントでは冬も乗っていましたが。
(出身のベルギーは雪が少ないのかな?)

一度、メンテナンスしようと、全部ばらして
組み立て直した訳です。

本を買ったり、予備知識が役に立ったのか、
ヤフオクで専用工具を買いそろえたりと
準備が役立ったのか、結構簡単に組み上げる事が出来ました。

リアディレイラー調整が一番難しいです。
こつは、ペダルをぐるぐる回し、ちょっとずつ調整ねじを回して行くこと。

一日で組み上げる事が出来たわけです。

すると、どうしても、一度はカーボンバイクに乗ってみたい。

自転車、僕の乗っている「ロードバイク」or「ロードレーサー」は
舗装路を速く、長距離を乗ることが出来る様に作られています。

材質は変遷がありました。
最初は鉄です。
通称クロモリと言って、鉄にクロムとモリブデンを配合した
合金が使われます。

クロモリは乗り味はいいようです。
ツールの選手達も、自分用にはクロモリがいい、という人もいるとか。
鉄はしなりますから、しなりが気持ちよいようです。

しかし、しなりはエネルギーロスになってしまいます。
わずか0.25馬力の人間が動かしますので、タイムロスになるようです。

次に、チタンとアルミが出てきました。
この二つの金属は、鉄よりも軽い事が特徴です。

チタンは汎用金属としては最も高価な金属で、対腐食性に富み、
丈夫なのですが加工性が悪い。
鉄のように自由に加工するわけにはいかないんです。

一方、アルミはチタンより安く、鉄と比較すると柔らかいため
加工も楽です。
1990年代から2000年くらいまで、プロ機材はアルミが主流だったとか。

アルミは柔らかいのですが、鉄のようにしなりません。
堅いのです。
プロの選手も「硬すぎる」として敬遠するようになってきました。

現在はカーボン繊維性が主流です。

カーボン繊維は、プリプレグという中間生成物を使います。

プリプレグはシートにエポキシ樹脂を浸透させたもので、
型にに巻いて真空で吸引しながら100度くらいで加温するとエポキシ樹脂が
溶け出し、固まると言うものです。
ドライカーボンと言います。

ちなみにプリプレグは日本の東レなんかが作ってます。
誰でも入手可能です。
1台分は1〜2万円程度です。

一方、カーボンの先駆者LOOKという自転車メーカーは
カーボンの繊維を巻いて樹脂を流し込みフレームを作るようです。
ウエットカーボンと言います。

カーボン繊維はものすごく強く、そして軽いです。
ただ、繊維だけではどうにもならないのでエポキシ樹脂で
固めます。

カーボン繊維の特徴は、設計の自由度が高く、
そして遙かに軽いことです。

堅いも柔いも自由自在に設計できます。

ただ、軽すぎるのでしょう、
重心がかなり上になってしまうものと思われます。
コーナーリング性能は重心を低くすることが基本ですので、
反している訳です。
ツールを見ていて落車が多いのも関係しているのかもしれません。

特に体重の軽いヒルクライマーと呼ばれる坂道登り専門の人は、
コーナーが怖いと言います。
ツール・ド・フランス2011 2位のA・シュレク選手は
「怖い」とはっきり言っています。
最終ステージ、個人タイムトライアルでコーナーを攻めきれず、
A・シュレク選手は敗れてしまします。

カーボンのもう一つの特徴は振動吸収性が良いことです。
これはエポキシ樹脂が吸収をしているようです。

デメもあります。
衝撃でエポキシ樹脂が割れちゃうんですね。
要するにプラスティックですので。

どんな本を見ても、カーボンで割れると危ないので終わり、
買い換えだ、とすり込まれてしまっています。
本当にそうかというと実は違います。
プラスティックですので、接着剤でくっつければ誰でも修理できるのです。

メーカーはフレームを売りたいので保証はありません。
当然、事故っても保証はありません。
自己責任です。
真似しないでくださいね。
割れたら新しいフレームを数十万出して買ってください(笑)

通勤用にいいだろう、ということでチャレンジしてみることにしました。

さて、一度はカーボンにのってみたいので
ヤフオクで一部割れているフレームを落としました。
13500円。

修理して、今持っているパーツを付けて乗ろうと考えています。

修理はウエットカーボンで行こうと思ってます。

エポキシ樹脂は
GM-6800 カーボンクロス用 120g(GM-6800-120)
     価格 2380(円)
が良いようです。
楽天で買えます。

カーボンの自転車は、「割れたら終わり」とすり込まれてますが、
結構修理して乗っている人がいます。

カーボンクロスもインターネットで探し、注文しました。

今思うと、プリプレグを買って巻いて加温すれば速いかもしれません。
ウェットカーボン修理様にエポキシとカーボンシートを買ってしまったので
後の祭りですね。

プリプレグは巻くのが命です。
気泡が入ると、そこから割れてしまいます。
こつというか、真空にバキュームできるといいのですけどね。

さて、今週末にかけてフレーム、エポキシ、カーボン繊維と続々と来ます。
巧く修理できるか。

フレームを取り替えた自転車はもはや別物ですが、そこはご愛敬。

楽しみです。
[PR]
c0017469_14171733.jpg

c0017469_14174694.jpg


ユキが振る中、海へ出かけてみる。
一瞬だけ、日が差した。

Leica M9 / Summicron 35mm ASPH 6it改
[PR]
by hassel_distagon | 2011-12-18 14:19 | Leica M9
c0017469_18431119.jpg
c0017469_18425195.jpg

c0017469_1846218.jpg


久しぶりにライカ通勤。
いつもと同じコースを歩く。

ちょっとだけ違って見えたらシャッターを切る。

Leica M9/Summilux 50mm F1.4 後期型
[PR]
by hassel_distagon | 2011-12-08 18:45 | Leica M9
リターンオフ RD−703ですが現在ばらして塗装中です。
やはり完全剥離せずに塗装したので結構ぼこぼこです。
どうやら残っているワックスが塗装をはじいて締まっている感じです。

結構綺麗にやすりをかけたつもりだったのですが。
写真では綺麗に見えますけどね。

完全に乾いたら1000番でやすりをかけ、クリアーを吹きます。
少しはみれるようになるか??

c0017469_6502560.jpg

[PR]