<   2011年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

c0017469_4515682.jpg
c0017469_4514275.jpg

c0017469_4504462.jpg

Leica M9 / Summilux 50mm F1.4 2nd
[PR]
by hassel_distagon | 2011-09-26 04:52 | Leica M9
c0017469_2045170.jpg
c0017469_2042749.jpg
c0017469_2041552.jpg

Leica M9 / Summilux 50mm F1.4 2nd
[PR]
by hassel_distagon | 2011-09-24 20:06 | Leica M9
M9の試し撮りです。
レンズはズミルックス50mm F1.4
二代目で、ちょっと古いモデル。
性能はどうか、確かめてみました。
4つ切りにプリントしたら、解像度に驚きました。

5D Mark IIの時は「もう中判だ」
と思いましたが、

単焦点+ローパスフィルター無しのM9は「大判だ」
と感じました。

c0017469_2182110.jpg


c0017469_218409.jpg

すすき部分のピクセル等倍


c0017469_2173913.jpg


c0017469_218164.jpg

葉っぱのピクセル等倍
[PR]
by hassel_distagon | 2011-09-23 21:14 | Leica M9
リタノフですが、スポークが錆てきたのでホイールを交換しました。

本当は、ビアンキにアルテグラ6700を付け、
ビアンキに付いてきたRS10をリタノフに付けたかったのですが、

成り行きでシマノの一番安いホイール、WH-R501(新モデル!)を
買いました。通販で1万円。

ウチには1kgしか測れないので、詳しい重量は計ってませんが
WH-R501も結構重たいです。
フロント+リアで2kgくらい有りそうです。

リタノフの鉄下駄ホイールと変わらないと思っていたのですが、
明らかに乗り味が一つ向上しました!

ハブ(ホイールの真ん中の部品)がいいのか、
リム(タイヤを嵌める外周の部品)の質がいいのか、
分かりませんが、ビックリしております。

本当にシマノのアルテグラ、6700を買おうかな・・・
でも4万するんだよな・・・

4万円で欲しいレンズ(カラースコパー21mmF4)があるので
多分買いませんが、ほしいとことろです。

そして、WH-R501なのにホイールのデカールは500となっているのが
気になりますが、交換するとリタノフが新品のように見えるのが不思議です。

c0017469_4341768.jpg

リタノフにWH-R500装着。新しいので気持ちいい。


c0017469_43440100.jpg

古いホイールは燃えないゴミです。
ヤフオクに出しても買う人はいないでしょう。
[PR]
基本的に毎日、40キロ、リタノフ号を乗ってます。
朝10キロ、夕方30キロ。

今月は雨ばっかりで、余り乗れていませんが
毎日乗ったら9キロ体重が下がりました。
リタノフ様々です。

リタノフ、はっきり言って良いです。
だって、通勤や雨の日に高いバイクを乗れる訳無いじゃないですか。

結構錆びます。
仕方無いですね。

8月くらいから気になっていたのだけど、
帰りの30キロ、力が入らないのです。

約二時間は体内の糖質で走れるのですが、
仕事終わりで体内の糖質を使い切るのでしょうか、
ハンガーノック状態になって全く走れない訳です。

昨日もそうでした。

もう頭を切り換えて、
ダイエットではなく、乗りたいから乗る、という事にしようと思います。

すると、補食が必用になります。

僕の場合、自転車の運動強度は7Metsくらい。
カロリーは、
7Mets×体重82kg×1.05×1.5時間 = 904kcal

補食は2割取ります。
でないとハンガーノック(低血糖)になり、運動能力がガクンと落ちます。

約200kcalを走る前に取らないといけません。
200kcalというと、スニッカーズ等の菓子類が丁度いいです。

色々試して見ましたが、
単糖(単なる糖分)と腹持ちのいいナッツの入ったスニッカーズが好みです。
そして、食べやすい。

今日から北海道は雨のようです。
来週以降、自転車に乗る前に補食してみます。

端から見てると、ダイエットなのにスニッカーズという
ハイカロリーな菓子を食っているとしか見えないのだろうなぁ。

今日はホイールが届く予定。
楽しみ。
[PR]
リタノフは通販で、ビアンキは地元ではなく札幌で買いました。
ちょこちょことロードバイクの本も買いましたが、
「買うのは信頼できるショップで・・・」
「買ってからがショップとの付き合いが始まる・・・」
本にはこれしか書いてない。ウンザリです。

自転車は別に、資格がある訳では無いので、
自転車屋の親父さんができるなら僕でもできるはず!

はっきりいうと、地元のショップ、特に僕の住んでいる
田舎にはロードバイクの種類が置いてない。

見た事もないような物をカタログだけで買う、
信じられない。

感触と値段のバランス、かっこよさ。
買う前は「やはりカーボン」と思ってましたけど、
実際にみたらアルミでも良い訳ですよ。
カーボンの質感に我慢ができるなら、安い(と言っても20万するが)
買うといいでしょう。
絶対一回触った方がいい。

と言う事で札幌に見に行って、そのまま買って来たんですね。
地元のショップに行きづらい訳ですよ。

そこで自家メンテにすることにしました。
リターンオフは自分で改造する人も多いしね。

c0017469_444213.jpg

まず、グリス。通販で色々仕入れたのだけど、買い忘れ。
チューブ入りの高めのをホームセンターで買って来ました。
498円。

車用の、ワックス配合のクリーニングペーパー「拭くぴか」(確か)が
油も取れるし、拭くだけでワックスがかかるのだけど
でかいパーツクリーナーが売っていたので買ってきました。
下向き噴射可モデル。248円。思わず2個。
それとグローブ。
前、自転車やで3000円で買ったけど、1ヶ月で駄目になった。
ホームセンターで、裏がメッシュ、内側が合成革の奴がありました。498円。
結構使いやすい。


c0017469_4445180.jpg

工具セット。ヤフオクで入手。送料込みで6000円くらい。
バラ買おうと思ったけど、面倒なのでやめた。
因みに同じ物をアマゾンで買おうとすると1万円する。
300g近い重たい携帯工具が付いてきた。
「だけが使うか!」と思ったけど、
ガレージに(ウチはアパートの4階なので自転車はガレージ保管)置いておく。


明日以降、ブレーキワイヤ、シュー、そして冬物衣料を買った資金の残りで
シマノのホイールWH-R501 を購入。
北海道はもう寒くて冬用でないと乗れません。
この前の日曜、半袖&レーパンの人とすれ違ったけど、
寒くないのかな・・・
[PR]
ちょいと時間があったので写真を撮った。
ライカだと持ち歩くのに身構えてしまうが、
DP2sは身構えなく,気軽に撮れる。

c0017469_545441.jpg
c0017469_5444999.jpg

Sigma DP2s
[PR]
by hassel_distagon | 2011-09-17 05:45 | Sigma DP2s
ライカM9、これほど人によって評価が分かれるカメラも珍しい。
一つは、やはり価格だ。
新品で70万、中古で60万。
高い。

しかし、ライカは既に日本のメーカーに競争で敗れたカメラなので仕方がない。
買えないのは、既に諦めているからだ。
僕は時間がかかったが、買う事ができた。
諦めなかったからだ。

そして、根本的な技術的な誤解がある。

ソニーか何かのCMOSをつけて性能を上げろとかいうが、
付けると性能が下がるのである。

一つはモアレフィルターの存在だ。

偽色が発生しないのはシグマのフォビンセンサーだけで、
CCDであろうがCMOSであろうが偽色は発生する。

モアレフィルターにより、わざと画質を劣化させ、防ぐのが一般的な
やり方だ。

日本のメーカーは、シグマ外は100%そうだ。

ライカには付いていない。
この時点で解像度が全く違う。

二つ目が極端に狭いフランジバックの問題だ。
デジカメはセンサーに垂直に光を当てるのが望ましい。
フランジバックの長い一眼レフなら問題ないのだが、

レンジファインダーは極端に短い。
どうしても、センサーに斜めに光が入ってしまう。
APS-Cサイズにすると、カットされてしまい問題は無いのだが、
フルサイズだと問題が出る。

つまり、日本のCMOSはライカに載せられないのだ。

載せても、周辺が極端に光量がさがり、いや恐らく露光しない。
ライカはこの問題も解決している。

そして、世界一のレンズだ。
カールツァイスも良さそうだが(使った事があまりないので断言出来ない)
35mm版のレンズを初めて作り、

ズームレンズには目もくれず(レンジファインダーには付かないが)
コツコツと改良し続けたレンズは今や世界一だ。

モアレフィルター無し+世界一のレンズで対抗出来るのは、
中判デジタルバックのカメラだろう。
(5D MKII と良い勝負らしいけど、レンズで差が出る)

と言うことで、ネットを見ているとよく分からない事を書いている
人間が多いので書いておく。

最後に、ドイツの小さな会社が世界で初めてライカ版のカメラを作り、
その会社が今だ存在し、世界一のレンズを作り続けている事に
驚嘆を交えないのである。

日本で初めてフィルムを作った小西六-コニカも、
世界で初めてオートフォーカスを作ったミノルタも、
高品位レンズを搭載したかっこいい京セラコンタックスも
事業整理で無くなってしまった。

僕がライカを使い続ける理由、それは目が悪く一眼レフが苦手という
理由もあるのだが、

物事の本質はオリジナルに宿る。

初めてライカ版カメラを作った会社がまだあるのだから、
使い続けるのは当然のことなのだ。
(駄文でした。)
[PR]
by hassel_distagon | 2011-09-16 05:23 | Leica M9
c0017469_155625100.jpg
c0017469_15561122.jpg
c0017469_15555818.jpg

散歩した。蒸し蒸しして汗が出た。
35ミリ1本で歩く。
カメラも体もココロも軽い。

leica M9 / Summicron 35mm F2 ASPH 6bit改
[PR]
by hassel_distagon | 2011-09-15 15:58 | Leica M9
ライカM9。
モアレフィルター無し、フルサイズCCD。
これ以上の画質を求めるならば、
ペンタックス645Dとか、
個人が持つには非現実的なデジタルバックのカメラになります。

シグマのSD1が凄そうですが、センサーサイズがAPSサイズと小さく、
レンズも所有欲を満たさないので
ちょっと、という感じです。

M9になってライカを使う、と言う事を思い出しました。
ライカは寄れません。1mとか、70cmまでです。
ズームはありません。
トリエルマーという16-18-21mmの3段階に焦点距離を変える事の
出来るレンズがあるのですが、高すぎます。

つまり、50mmとか、35mmだけで勝負なのです。
今は28mmも有りますが、
20mmの超広角も手元にありません。

けど、写真が撮れないか?
と言われると、撮れるのです。

ブレッソンも、アーウィットも50mmしか使いません。
スナップシューターにとって、機材はシンプルなほど良いのです。
M9が手元に来て、写真を始めた頃を思い出しました。

ロシアレンズ50mmだけで写真を撮ってました。
また、しばらくはレンズを増やさずにシンプルに行こうかな、
なんて考えてます。

c0017469_6132970.jpg
c0017469_6131714.jpg

Leica M9 / Summilux 50mmF1.4 
[PR]
by hassel_distagon | 2011-09-14 06:25 | Leica M9