<   2006年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

今年の冬、雪が沢山降りました。
写真は、函館は二十間坂の登り口、右側の空き地だという記憶がある。

僕は小さい頃札幌で暮らしたせいか、
雪が好きです。

この道は、奥の家の道か

細いあぜ道を抜けると、暖かい家が待っている。

c0017469_6344231.jpg

2005 函館市元町

当ブログはHP「シャッターモノクローム」の1コンテンツです。

c0017469_7161612.jpg

[PR]
by hassel_distagon | 2006-04-30 06:40 | Hakodate
今年の冬は雪がよく降った。
函館は余り雪が積らない印象がある。

さて、写真は二十間坂だと思うのだが、
なかなか思い出せない。
(※基坂であることが判明!H18.5.3追記)

普段気にしないでぶらぶらしているためか...
「どこにある」は分るのだけど、名前が出てこない。
脳年齢は結構低いかも、すこし危機感を感じる今日この頃。

c0017469_6495192.jpg

2005 函館市 二十間坂⇒基坂の間違いです

当ブログはHP「シャッターモノクローム」の1コンテンツです。

c0017469_7161612.jpg

[PR]
by hassel_distagon | 2006-04-29 06:56 | Hakodate
函館の西部地区は坂道の街。
18箇所の坂がある。

一番有名なのが八幡坂。
記憶によれば、坂をあがりきったところに高校があったはず。
道沿いにはロシア大学、教会の方の寮みたいな施設があったような気がする。

何回も歩いた道だけど、余り思い出せない。
ここら辺が外来者の限界。

昔はここに八幡さまがあったらしく、坂の名前の由来になっている。
八幡さまとは源氏の守り神であったため、彼らの発展とともに
日本中に広まった。

狭い元町に、いろいろな宗教施設が立ち並ぶ。
無いのはモスクくらい。

今、世界中で宗教対立がある。
元町は今日も平和である。

c0017469_2137278.jpg

2005 函館市八幡坂

当ブログはHP「シャッターモノクローム」の1コンテンツです。

c0017469_7161612.jpg

[PR]
by hassel_distagon | 2006-04-25 21:55 | Hakodate
函館の元町を訪れると、大きな教会が3つ寄り添うように建っている。
ハリストス正教会、元町カトリック教会、聖ヨハネ教会の3つだ。

その中で、聖ヨハネ教会は建設が比較的新しく、1979年。
特徴は上から見ると、十字に見えるということだろう。
ロープウェーから見ると確かに十字でるのを確認できる。

上から見なくても、聖ヨハネ教会は元町の景観を形作っている。

正教会、カトリックは比較的有名だが聖ヨハネ教会は聖公会という組織の所有である。
日本にも沢山教会があるらしいのだが、僕の乏しい知識の中にはない。
今後調べてみようと思う。

聖ヨハネとは何者かというと、聖書には2人のヨハネが出てくる。
イエスキリストに洗礼を行った「洗礼者ヨハネ」と
12使徒の一人、「使徒ヨハネ」がいるが、使徒ヨハネの方だと思う。

初期のキリスト教はローマ帝国内では異端であり、迫害が盛んであった。
12使徒の11人は処刑などで殉教してしまうが、
使徒ヨハネは生き残り、有名なヨハネの黙示録を書き残したという。

そんなことを思いながら外側を眺めるのだが、
残念ながら、法華宗である僕は中に入れない。

春になると、前庭の芝生に、小さな花が沢山咲いていた。
今年も、そろそろ咲くのだろうか。

c0017469_7123514.jpg

2005 函館市元町

当ブログはHP「シャッターモノクローム」の1コンテンツです。

c0017469_7161612.jpg

[PR]
by hassel_distagon | 2006-04-23 07:32 | Hakodate
古い街には路面電車が残っている。
函館もそうで、路面電車が残っている。

近年、公共機関の広告化が進んでおり、函館の路面電車も例に漏れない。
広告も函館らしく塩辛もあれば、携帯電話もある。

しかし、レトロな雰囲気は消すことできない。
路面電車の車体が持つ雰囲気、
軌条の架空に設けられた網目のような電線。

函館の景観を形作るのは、路面電車なのかも知れない。

しかし、路面電車で湯の川までいくと、結構時間がかかることはいたしかたないか。
元町へいくには便利であるが。

c0017469_6232074.jpg
2005 函館市  NIKONOS-V NIKKOR35mm F2.5

当ブログはHP「シャッターモノクローム」の1コンテンツです。

c0017469_7161612.jpg

[PR]
by hassel_distagon | 2006-04-22 06:29 | Hakodate
数年前に生産が中止された、ニコンの水中カメラ、ニコノスというカメラがある。
水深50mまで撮影可能という、ヘビービューティなカメラだ。

レンズは35ミリF2.5が付いている。
このレンズはニコンがはじめて開発した、広角レンズと設計が同じという歴史的な
レンズだ。

この日は函館は雨という予報だったため、ニコノスを函館に持ち込んだ。
ニコノスは目測式であるため、ピント合わせはちょっとめんどくさい。

ピントはいちいち合わせるには大変である。
目でみて、「7メートルだ」と判断し、レンズに7mをセットし、撮影する。

しかし、時間がかかるため、ISO400のフィルムをいれ、
絞りをF16まで絞る。ピントは5mにセット。

すると、被写界深度は1.5mから無限遠まで入る。ピント合わせ不要になる。
気持ちよく撮影を行った。

一応、ピントが合う被写界深度に入っているが、やっぱり手前は少しピンボケであった。

c0017469_236527.jpg

2005 函館市  NIKONOSV NIKKOR35mm F2.5

当ブログはHP「シャッターモノクローム」の1コンテンツです。

c0017469_7161612.jpg

[PR]
by hassel_distagon | 2006-04-20 23:21 | Hakodate
函館は元町、夜の街を一人で歩く。
昼間は冬では賑やかなこの街も、夜は人一人いなく、静か。

元町教会は元町の小高いところにあり、
坂道を登っていくとだんだん見えてくる。

冬は、木にに葉が無いので、教会がよく見える。
ここ歩き、ギャラリー村岡さんの方へ歩く。

何回も歩いたこの道、冬は少し寒かった。

c0017469_2344292.jpg

2006 函館市元町

当ブログはHP「シャッターモノクローム」の1コンテンツです。

c0017469_7161612.jpg

[PR]
by hassel_distagon | 2006-04-19 23:17 | Hakodate
冬の朝、早く起きて一人で歩く。
まだ、街は目覚めてはいない。

今年は雪が深かったせいか、いつもより静か。
寒さが肌をさす。

ここをまっすぐ行くと、函館駅にたどり着く。
そして、僕は列車に乗る。

c0017469_23502916.jpg

2006 函館市

当ブログはHP「シャッターモノクローム」の1コンテンツです。

c0017469_7161612.jpg

[PR]
by hassel_distagon | 2006-04-18 23:58 | Hakodate
函館の朝市は、蟹や魚介、佃煮や塩辛が中心に売られている。
しかし、中にはすすきやほおずきを売っている一角があった。

車できていたら、買ってもいいかなと思ったが、
列車だったので買わなかった。

すすきは僕の住んでいる室蘭でも沢山生えている。
しかし、ほおずきは生えていない。

昔、実家で植えていたような記憶がある。
懐かしさを感じ、ほおずきを撮影し、売り子のおばちゃんの写真を撮った。

おばちゃんの笑顔はよく写っていたが、ほおずきはピンボケであった。

c0017469_6241321.jpg

2005 函館朝市

当ブログはHP「シャッターモノクローム」の1コンテンツです。

c0017469_7161612.jpg

[PR]
by hassel_distagon | 2006-04-18 06:35 | Hakodate
函館に、有名な朝市がある。
函館駅から出てすぐ、海側にいくと海鮮物屋、どんぶり屋が軒を連ねる。

最近は丼横丁だったと思うが、500円で丼が食べられるようになったり、
観光客の呼び込みに必死のようだ。

朝市、札幌の2条市場などもそうだが呼び込みがうるさく、歩いているとうんざりする。
僕は室蘭にすんでいるので、室蘭の朝市、丸三市場にいけば函館の朝市より安くて
新鮮な魚介が買えるためだ。

朝市をあるいていると、大きな建物が見えてくる。
この中には農作物を売っている店もある。

この辺は地元相手なのか、おばちゃんの呼び込みも穏やかで安心する。
顔も、穏やかでいい人生を歩んで来たに違いない。

がつがつ物を売るだけが人生ではないような、そんな気がした。

c0017469_6374036.jpg

2005 函館朝市

当ブログはHP「シャッターモノクローム」の1コンテンツです。

c0017469_7161612.jpg

[PR]
by hassel_distagon | 2006-04-17 06:47 | Hakodate