ライカM9を買う人間とけなす人間

ライカM9、これほど人によって評価が分かれるカメラも珍しい。
一つは、やはり価格だ。
新品で70万、中古で60万。
高い。

しかし、ライカは既に日本のメーカーに競争で敗れたカメラなので仕方がない。
買えないのは、既に諦めているからだ。
僕は時間がかかったが、買う事ができた。
諦めなかったからだ。

そして、根本的な技術的な誤解がある。

ソニーか何かのCMOSをつけて性能を上げろとかいうが、
付けると性能が下がるのである。

一つはモアレフィルターの存在だ。

偽色が発生しないのはシグマのフォビンセンサーだけで、
CCDであろうがCMOSであろうが偽色は発生する。

モアレフィルターにより、わざと画質を劣化させ、防ぐのが一般的な
やり方だ。

日本のメーカーは、シグマ外は100%そうだ。

ライカには付いていない。
この時点で解像度が全く違う。

二つ目が極端に狭いフランジバックの問題だ。
デジカメはセンサーに垂直に光を当てるのが望ましい。
フランジバックの長い一眼レフなら問題ないのだが、

レンジファインダーは極端に短い。
どうしても、センサーに斜めに光が入ってしまう。
APS-Cサイズにすると、カットされてしまい問題は無いのだが、
フルサイズだと問題が出る。

つまり、日本のCMOSはライカに載せられないのだ。

載せても、周辺が極端に光量がさがり、いや恐らく露光しない。
ライカはこの問題も解決している。

そして、世界一のレンズだ。
カールツァイスも良さそうだが(使った事があまりないので断言出来ない)
35mm版のレンズを初めて作り、

ズームレンズには目もくれず(レンジファインダーには付かないが)
コツコツと改良し続けたレンズは今や世界一だ。

モアレフィルター無し+世界一のレンズで対抗出来るのは、
中判デジタルバックのカメラだろう。
(5D MKII と良い勝負らしいけど、レンズで差が出る)

と言うことで、ネットを見ているとよく分からない事を書いている
人間が多いので書いておく。

最後に、ドイツの小さな会社が世界で初めてライカ版のカメラを作り、
その会社が今だ存在し、世界一のレンズを作り続けている事に
驚嘆を交えないのである。

日本で初めてフィルムを作った小西六-コニカも、
世界で初めてオートフォーカスを作ったミノルタも、
高品位レンズを搭載したかっこいい京セラコンタックスも
事業整理で無くなってしまった。

僕がライカを使い続ける理由、それは目が悪く一眼レフが苦手という
理由もあるのだが、

物事の本質はオリジナルに宿る。

初めてライカ版カメラを作った会社がまだあるのだから、
使い続けるのは当然のことなのだ。
(駄文でした。)
[PR]
by hassel_distagon | 2011-09-16 05:23 | Leica M9