リターンオフRD-703 これだけはやっけおけ!

現実は厳しいもので、当ブログの検索の一位は自転車のリターンオフでした。
写真サイトなんですが。。。

リターンオフとは、通販(大阪は店舗にあるのかもしれない)で買う
激安ロードバイクです。

価格は29,800円。
ちゃんとした入門用と呼ばれるロードバイクの重量は9〜10キロなのですが、
リターンオフは12キロ有ります。

でも、最初のバイクとしてはいいと思いますけどね。
どうせ買ってすぐは倒したり(すぐに倒してしまいました)するんだから。
カーボン製のバイクだったら悲鳴が上がります。

当然パーツは安いのが使われているのですが、
タイヤ:412g×2→パナレーサー1700円230g×2 マイナス364g減
チューブ:152g×2→パナレーサー1100円89g×2 マイナス126g減
アマゾンで買える一番安いタイヤと交換しました。チューブもついでに。
合計でマイナス476gの減。

回転部分が重いと、膝が痛くなるので交換された方がいいでしょう。
しかし、タイヤとチューブ、重いです。何処で入手するんだろう。

僕は手が短いのでステム(ハンドルを固定するパーツ)を短いのにしました。
これもアマゾンで1700円くらいのもの。
ステム:307g→1700円176g マイナス131g減

ステムもヘビー級のおもさ。
これ以上リターンオフにお金を掛けるのは判断がいります。
10万以上掛けても、10キロを切るかどうかまでしか行かないようです。

最近は15万からカーボン製のバイクが買えるので、
考え所です。
しかし、チャリ改造は楽しいらしいので、ハマるひともおおいとか。

僕は泥よけを付け、通勤号として無改造で使うつもりです。
[PR]
by hassel_distagon | 2011-05-22 06:27 | Others